日柄値幅分析
 
上昇トレンド反発 (強気(強))
第一目標arrow_up1,077 (+43.0)
第二目標arrow_up1,203 (+169.0)
 
理論株価分析
 
市場平均期待成長率ベース
arrow_up1,051 (+17.0)
業種平均期待成長率ベース
arrow_up1,410 (+376.0)
 



スポンサーリンク




【特色】生産ライン向け外観検査装置の研究開発型企業、画像処理技術に強み。国内3位、専業では首位
 
【連結事業】画像処理検査装置100【海外】37 <20・3>
 
【増益続く】5Gや車載向けに外観検査装置の需要は堅調。増員負担など吸収し営業益上向く。中国現法が繰損一掃で税負担。22年3月期は5G関連などの需要がなお高水準続く。新規顧客開拓再開も寄与へ。引き続き増員負担あるが営業増益が続く。
 
【開 拓】コネクターや電子部品向けに加え、自動車部品関連などの顧客開拓を推進。高速化など付加機能高めた装置も拡販。
 
【業種】 電子デバイス製造装置 時価総額順位 44/55社
 

 
PER 15.10
 
PBR 2.31
 
予想配当利回り(%) 0.77
 
ROE(%) 15.33
 
ROA(%) 10.65
 
今期経常利益変化率(%) 3.29
 
過去3年平均売上高成長率(%) 6.14
 
売上高経常利益率(%) 15.53
 
自己資本比率(%) 69.46
 

 
ヴィスコ・テクノロジーズ <6698> [東証2] が5月10日大引け後(15:00)に決算を発表。21年3月期の連結経常利益は前の期比50.4%増の6.3億円に拡大し、22年3月期も前期比3.3%増の6.6億円に伸びる見通しとなった。
 
 同時に、今期の年間配当は未定とした。
 
 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比11.6%減の2億円に減り、売上営業利益率は前年同期の23.6%→19.3%に低下した。
 

 

 
スポンサーリンク