ハッピー投資報告

 
投資保有資産評価 合計 1.500.649円 13銘柄保有
 
今週は、配当金が入りました。
 
キャピタルゲインを狙いながらインカムゲインも貰える、これが理想的ですね。
 
個別株は銘柄選択が大事です。
 
思惑の逆にいった場合のことも想定した出口戦略を持つことでゆとりが生まれます。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】
 
4-6月期GDP速報値の大幅悪化を受けて日経平均は週初から大幅下落。
 
その後も円安に傾きかけていたドル円が再び円高方向に振れたことから、下押し圧力が強まった。
 
中盤までは下げ渋る動きも見られたが、20日にはまとまった売りに押されて23000円を大きく割り込んだ。
 
翌21日は米国株高を好感した買いが入ったものの、23000円より上は重かった。
 
円安一服でハイテク株が弱かった一方、大型株の手掛けづらさが意識される中で資金は新興市場に向かい、マザーズ指数が8%超の上昇と騰勢を強めた。
 
日経平均は週間では369円の下落となりました。
 
【来週の見通し】
 
週後半の27日~28日にかけてジャクソンホール会合が開催されることもあり、全体的に売りを出しづらい地合いになるとみる。
 
米国ではハイテク株の動きが良く、ナスダックの高値更新基調が続いている。
 
日本株は今週の物色動向などをみると手詰まり感はあるものの、米国株の堅調が強い下支えになるだろう。
 
米国では8月消費者信頼感指数や7月新築住宅販売、7月耐久財受注など注目の指標がいくつかあり、これらが米国株の買いを促すようであれば、日本株も「閑散に売りなし」で上を試す展開も期待できる。
 





ハッピー記事

 

➊ ビジネスの本質は他人に貢献することであり、自分が儲けるために行うことではありません。

 

しかし、同時に他人の奴隷になることでもありません。

 

また、社会の中で生きていくにあたっては、みんなで協力しあうことが必要です。

 

身勝手に、自己主張ばかりしていては他人とうまくやっていくことはできません。

 

しかしそれは、周囲の全員から好かれなけばいけないということではありません。

 


❷ 自分と意見が合わなかったり、自分のやっていることを非難したりする人が必ずいます。

 

でもそれは当たり前のことで、仕方ないことです。

 

他人の目を気にして動けない人、いい人になってしまうのは決してほめられたことではありません。

 

得たいものがあればしたたかにそこに向けて前進しなければいけないのです。

 

ハッピー独り言

 

少しづつ行動しながら楽しむ。

 

 

 
スポンサーリンク