ハッピー投資報告

 
投資保有資産評価 合計 1.509.937円 13銘柄保有
 
今週は1銘柄を利確しました。
 
配当金も入りました。
 
自分が思い描いている投資方法を少しづづですが、前進していっています。
 
余力金額も増えてきました。
 
いざという時は、含み損銘柄も売却していこうと決心しました。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】
  
東京市場が三連休の間の米国株が概ね堅調であったことから、週明け11日の日経平均は400円を超える上昇。
 
7月米雇用統計の好内容などもあってドル安(円高)の流れには変化が見られ、円安進行が日本株の上昇を強く支援した。
 
週前半はグロース株売り、バリュー株買いの流れであったが、米主力ハイテク株の上昇を受けて中盤以降はグロース株にも見直し買いが入った。
 
指数は13日に再び400円を超える上昇となり、節目の23000円や6月につけた戻り高値を上回った。
 
日経平均は週間では959円の上昇しました。
 
【来週の見通し】 
 
今週、日経平均が23000円や6月につけた高値を上回ってきたことで、リスク選好ムードの強い相場環境が続くと考える。
 
決算発表が一巡して材料難とはなるが、決算で派手に動いた銘柄も多く、証券会社のリポートなどを材料に改めて物色される銘柄も多いと思われる。
 
個別の活況が引き続き全体市場を下支えするだろう。
 
国内では4-6月期GDP速報値など注目度の高い指標の発表もいくつかあるが、今の地合いであれば、大幅な悪化となった場合には追加の経済対策への期待が高まるといったように、マーケットはポジティブな受け止め方をすると考える。
 





ハッピー記事

 

➊ 意図的に自分を追い込んでいる時だけでなく、予期せずおいこまれた時も同じ考え方をして、自分の馬力を引き上げるときと捉えるべきです。

 

困難に直面したら、安全な道に逃げるより、望みに賭けるのが気持ちのいい人生ってもんです。

 

たとえ、地の底に沈もうとも

 


❷ 判断するのはたやすいことです。

 

それこそ論理的に考えれば、誰でも判断はできます。

 

しかし覚悟を決めるのは容易ではありません。

 

最初は内臓がヒリヒリするほどの緊張を味わうことになるでしょう。

 

ですがこれは、筋肉を鍛えるのと同じです。

 

最初は到底できなかった覚悟でも、回数を重ねるごとに、それができるようになります。

 

ハッピー独り言

 

ワクワクする時は、その時間が来るのを待ち遠しくなるものですね。 それが人生の醍醐味

 

 

 
スポンサーリンク