ハッピー投資報告

 
投資保有資産評価 合計 1.449.251円 14銘柄保有
 
今週は、10万円入金しました。
 
売買は何もしませんでした。
 
投資は忍耐が大事です。
 
長期的な視野を持つことで気持ちにゆとりができます。そこが、博打(ギャンブル)脳に陥らない事で必要なことです。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】
 
8月相場に突入したが、日経平均は3日、4日と連日で大幅上昇。
 
米国株高や円高一服が支援材料となったが、前週、月末にかけて大きく値を崩したこともあり、その反動も大きいものとなった。
 
ただ、22500円台を回復した後は到達感が出てきて上値が重くなった。
 
ドル円が再び円高方向に傾くと、米国株が上昇しても日本株はこれに連動できない状況が続き、次第に週末の米雇用統計に対する警戒が強まった。
 
米国ではナスダックが終値で初めて11000ポイント台に乗せたが、これを受けた7日は国内ハイテク株が売りに押されるなど、ちぐはぐな動きも見られた。
 
週間では2勝3敗と下落日の方が多かったが、前半の貯金が大きく週間では619円の上昇となりました。
 
【来週の見通し】
 
東京市場は4日立ち合い。
 
今週の日本株は週後半の動きが弱かったが、米雇用統計と三連休を控えており、これらを前にリスク回避の売りも出やすい状況であったと推測される。
 
それだけに、連休明けは比較的買いが入りやすい地合いになると考える。
 
引き続き決算発表が多く、11日のソフトバンクGは中でも注目を集める。
 
個人投資家人気の高い新興企業の決算も多く、個別の材料には事欠かない。
 
引き続き為替動向には一喜一憂することになりそうだが、米国株にしっかりとした動きが見られている点は安心材料。
 
為替の影響が相対的に軽微な中小型株に流れが向きそうだ。
 





ハッピー記事

 

❶ ほかを捨ててでも、その一点を達成するという覚悟を持ち、あらゆる障害の穴を見つけ、通り抜けていきます。

 

その目標とする一点が明らかにになっていなければ、それに執着することができません。

 

多くの人は執着すべき一点が明確でないばかりに何も達成できずにいるのです。

 

さらにそのために目的ではなく、手段のほうに執着してしまうという間違いも犯します。

 


❷ 視野を広く持つというのはつまり、ひとつの手段に固執しないことです。

 
どれだけたくさんの選択肢を持てるかということです。
 
そのためには、ためしにいま持っている手段を捨ててみることです。
 
いま考えている手段が使えなかったら、どうしようか?と考えてはじめて代替案が出てくるからです。
 

ハッピー独り言

 

コツコツ積み重ねが大事ですね。

 

 

 
スポンサーリンク