ハッピー投資報告

 
投資保有資産評価 合計 1.289.831円 14銘柄保有
 
今週は、1銘柄をナンピン買いしました。
 
自分の手法を信じ投資をしていくだけです。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】
 
東京市場が休場の間の米国市場が弱く、週初から売りに押される展開。
 
決算発表ラッシュの週で個別の動きは大きくなったが、キヤノンや日産自動車、ファナック、アドバンテストなど主力どころの銘柄に急落するものが多く、日を追うごとに警戒ムードが強まった。
 
為替市場でドル安・円高が進行したことや、新型コロナウイルスの国内感染が全国的に広がったことなども重石となり、日経平均は後場に入って崩れる場面が多く見られた。
 
31日には600円を超える下落で22000円を大きく割り込み、今週は全敗で6日続落。
 
週間では1041円の下落となりました。
 
【来週の見通し】
 
8月相場に突入するが、東京市場は引き続き決算発表ラッシュで、個別重視の流れが続くと思われる。
 
4日のソニーや6日のトヨタ、任天堂の決算などは中でも注目を集める。
 
日経平均は7月31日まで6日連続で下落しており、月替わりでそろそろ反転に期待したいところだが、国内には買い材料が乏しく、米国株など外部環境頼みの状況となるだろう。
 
ただ、米国株も金曜7日に7月米雇用統計を控えるスケジュールのため、これを前にしては身構える地合いになるのではないかと考える。
 





ハッピー記事

 

❶ 柔らかいものは環境に合わせて形を変えることができ折れません。

 

相手に合わせながらも、常に自分を維持しています。

 

じつは、老子がこの世で一番強いものと定義したのが水でした。

 

水は、あらゆるものにあわせて形を変えます。

 

それが結局、強いということです。

 


❷ 判断するな 覚悟をしろ

 

勝負に求められるのは、何が正しいかを判断するのではなく、何が正しいかはわからないけれど、とにかくそれを勝ち取ると決めて、前に進むことです。

 

そして、その覚悟を持つことです。

 

この覚悟こそが重要で、覚悟を決めているからこそ、したたかになれるのです。

 

ハッピー独り言

 

のんびりマイペースが一番

 

 

 
スポンサーリンク