ハッピー投資報告

 
投資保有資産評価 合計 1.375.517円 17銘柄保有
 
今週は、20万円入金しました。
 
ETFを購入しました。
 
のんびりコツコツ投資していきます。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】
 
米国で新型コロナウイルスの感染者数が拡大し、前週末の米国株が大きく崩れたことから、週明け6月29日の日経平均は500円を超える大幅下落。
 
その後、米国株は強い切り返しを見せたが、国内でも東京で感染拡大が確認されるなか、日本株の戻りは緩慢となった。
 
7月2日にはマザーズ指数が5%近い下落となるなど、ここまで強い動きをみせていた新興市場も調整色を強めた。
 
一方、米国株高を受けて東京エレクトロンなど半導体株に強い動きがみられたことは相場を下支えした。
 
週を通して方向感は定まらなかったが、日経平均は週間では約205円の下落となりました。
 
【来週の見通し】
 
今週、米国株は週間で大幅高となったにもかかわらず、日本株は下落した。
 
週中にはここまで騰勢を強めていたマザーズ指数が急落する場面もあり、明らかに上値を追いづらい状況となっている。
 
目先は日柄か値幅での調整が入る可能性が高く、米国株の動向次第ではその両方が到来する展開も想定しておく局面。
 
足元では東京で新型コロナウイルスの感染被害が増加傾向にあり、これに関するニュースが昼に出てきて後場のマーケットをかく乱することも多い。
 
経済活動自粛などの措置が再び採られるとの懸念が浮上した場合には、楽観ムードが急速に冷え込む可能性もある。
 
3-5月が決算対象月となる企業の業績発表がいくつか出てくることから、これが相場の下支えとなるか、それとも失望材料となるかが焦点となる。
 
特に9日に予定されているファーストリテイリングの3Q決算を受けた反応が注目される。
 








ハピー記事む

 
➊ 仮に無人島で、一人暮らしていたら、その不便な状況をかわいそうだと自分で思うでしょうか?
 
そうは思わないはずです。
 
なぜか?人と比べないからです。
 
つまり、かいわいそうというという言葉は、誰かと比べて、その人が劣っているということを言っているのです。
 
つまり、私よりも、あなたのほうが悪い環境にありますよといっているのです。
 



❷ すべては自分の判断と自分の責任である。
 
そう認識してこそ、自分の考え方と行動と人生を変えることができるのです。
 
今のあなたをつくったのは、誰なのか
 
すべては自分自身の決断の結果なのです。
 
つまりは、自分が決断を間違えたので、その結果が引きおこされているということです。
 

ハッピー独り言

 

時間は大事ですね。

 

 

 
スポンサーリンク