ハッピー投資報告

 
投資保有資産評価 合計 1.024.784円 18銘柄保有
 
今週は何も売買しませんでした。
 
投資は、先のビジョンを楽観的に考えがちですが、
 
現実は、忍耐と少しの喜びがあるだけだ。
 
でも、私は辞めない。それは投資が好きだからだ。
 
スポンサーリンク



【今週の振り返り】
 
先週末の大幅高の反動で週初から売りに押されると、NY原油先物が史上初のマイナス価格をつけるなど原油価格の急落を嫌気して、下を試す流れが続いた。
 
急伸していた直近IPO株が一転値を崩し、マザーズ指数も上昇にブレーキがかかったことから、地合いの変調も意識された。
 
ただ、日経平均は節目の19000円を割り込んだところでは押し目買いが入り、原油価格の反転を材料に戻りを試した。
 
ただ、先行き不透明感が強まる中、週末にかけては売り直された。日経平均は週間では約635円の下落となりました。
 
【来週の見通し】
 
祝日が1日あり4日立ち合いとなるが、材料は満載。
 
国内は決算発表ラッシュで、個別物色が活況になると見込まれる。
 
日銀金融政策決定会合、FOMC、ECB理事会と中央銀行イベントが集中する。
 
日米欧三段構えの状況で一方的に下に傾く展開は想定しづらいが、無策では通過できない環境で期待値も高まっており、金融緩和策などが出てきても、必ずしもポジティブな反応とはならない可能性がある点には留意が必要。
 
また、これらのイベントが買い材料となったとしても、東京市場は翌週の月~水曜が休場のため、市場の空白リスクを回避する売りが上値を抑えやすい。
 
新型コロナウイルスの感染動向については、国内ではまだ拡大が警戒される一方、海外では経済活動再開への期待も高まっている。
 








ハッピー記事

 

➊ 減点思考から脱却せよ

 

減点思考の世の中では、何か動いて(チャレンジ)して)失敗すればマイナスになる、失敗したらどうしようと考えるようになるのは当たり前なのです。

 

そして同時に、何もしなければ問題にならないとも考えるようになります。

 

本来、チャレンジして失敗したら、ふりだしに戻るだけです。

 

その結果、このままではいけないと知りながら、その仕事を続けたり、新しいことができなくなったりしているのです。

 

だから、安定した(ように見える)道に進みたがるのです。

 



❷ 現状維持は後退である
 
自分では、同じ場所にとどまっているつもりでも、周りは進歩しています。
 
また、自分では気づかないうちに、誰かライバルが、より効果的な方法を見つけ、より高い質で、より安く商品を提供していることもあり得るでしょう。
 
みなさんのライバルになる人材は、商品の形で現れます。
 
つまり、ライバル商品が登場し、自社の商品が売れなくなります。
 
その結果、ライバル社の人員は増え、みなさんの会社の人員が減ります。
 
つまりみなさんがクビの危険にさらされます。
 

ハッピー独り言

 

コストを見直すのは、大事ですね。

 

 

 
スポンサーリンク