ハッピー投資報告

 
株式保有資産評価 合計 1.384.668円 6銘柄保有
 
今週は、1営業日しかありませんでした。何も売買していません。
 
新年になっても、長期投資スタイルをしていきます。
 
明確なルールを決め、忍耐強く、ルールを破らず、行動するのみ。
 
失敗すれば試行錯誤し、新しいルールを作る。
 
その繰り返しだろう。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】 日経平均は連日の安値引け。
大納会での年初来高値更新に期待がかかったが、スタートからほぼ全面安でその期待が後退すると、場中は売り圧力が強まった。とは言え、年間騰落では18.2%の上昇。
終値ベースでは大発会が安値(19561円、1/4)となり、12月に年初来高値を更新(24066円、12/17)と、トレンドとしては右肩上がりであった。TOPIX(+15.2%)、マザーズ指数(+10.5%)、ジャスダック平均(+19.6%)、REIT指数(+20.9%)とおしなべて2桁の上昇となっており、運用環境は良好であったと言える。
日経平均は12月単月でみると1.6%の上昇で、中盤以降に上値が重くなった割には健闘したと言える。年末売りをこなしつつ、月間ではプラスとなりました。
 
【来週の見通し】 2020年の米株は上昇してスタートし、史上最高値更新の動きが相次ぎ、通年では最高の上昇幅を記録した昨年の勢いを維持している。
トランプ米大統領が15日に米中の第1段階合意の署名を行うと明言しており、米中貿易摩擦への懸念が後退していることも、引き続き米株の下支えとなりそうだ。
しかし、中東情勢の緊迫化で投資家のリスク回避姿勢が強まっている。
 





ハッピー記事

 

❶ 致命的に負けて再起不能になってしまうのは、自分の行動、投資のリスク管理ができていないからです。

 

これは最大でどのくらい損が発生する可能性があるのか? を知り、

 

その損失を減らすことはできないか? を考えること、

 

それが投資の大原則です。

 
スポンサーリンク



❷ リターンがあれば、必ずそれとセットでリスクがあります。

 

リターンが大きいのに、リスクが小さければ、

 

多くの人が「オレも!私も!」とやりはじめ、

 

うまみがない話になります。

 

そしてやがて、その小さいリスクに見合うだけの、小さいリターンになっていくのです。

 

リターンが大きいのは、リスクも大きいから。

 

それは経済学の大原則です。

 


ハッピーひとり言

 

髪型が決まると気分が最高。

 

 

 
スポンサーリンク