ハッピー投資報告

 
株式保有資産評価 合計 1.384.668円 6銘柄保有
 
今週は売買をしていません。
 
監視銘柄は約200銘柄しています。
 
欲しい銘柄が自分が思う価格までくるのを我慢する事に慣れてきました。
 
焦らず長期投資していきたいです。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】 週初に年初来高値を更新したものの、その後の下げで節目の24000円を下回った。
米国株は堅調に推移したが、日本株はこれに連動することができなかったため、利益を確定する流れが強まった。
日銀の金融政策は大方の予想通り現状維持。
今年のイベントをほぼ消化したことで、週後半にかけては手じまいムードが一段と強まった。
一方、IPO銘柄に関しては、上場したばかりの銘柄が連日で全市場の売買代金ランキング上位に顔を出すなど、かなり派手な動きを見せた。
日経平均は週間では約206円下落しました。
 
【来週の見通し】 米国など海外市場の多くではクリスマス休場を挟むスケジュールで、商いは盛り上がりづらい。
米中交渉が合意に至ったことで、年末年始の波乱への警戒は薄れている一方、好材料もいったん出尽くし感が強まっているため、強気、弱気どちらにも傾きづらい地合いになると考える。
小売など2月決算銘柄の第3四半期決算が後半にいくつか出てくることから、これらを材料に個別重視の様相が強まるだろう。
一方、新規上場は26日まで5社の上場が控えておりラッシュが続く。
直近IPO銘柄はセカンダリーも含めて活況な商いが続くと予想する。
 





ハッピー記事

 

❶ 仮に自分のまわりが全員同じ意見だったとしても、

 

自分のまわりの意見が正しいとは限りません。

 

まわりと同じ判断することが正しいわけでもありません。

 

まだ自分自身に見通す力がなければ、

 

あの人がこういっているからではなく

 

白とも黒とも判断しないという判断こそが、

 

最もかしこい判断なのでしょう。

 
スポンサーリンク



❷ 高価なモノを身につけ、いい生活をしている人を羨ましく思い、

 

自分も一生懸命背伸びして、その生活水準まで行く。

 

ただし、満足感はすぐになくなり、さらに上を目指すようになります。

 

それを繰り返していくうちに、満足感を得られないまま、

 

浪費だけが加速していくのです。

 

生活水準を下げるのは耐えられない。

 

収入は変わらず、浪費だけが加速してしまうのであれば、

 

お金を使っていい生活をしてもいつかは破綻するときが来ます。

 


ハッピーひとり言

 

健康第一

 

 

 
スポンサーリンク