ハッピー投資報告

 
株式保有資産評価 合計 1.058.870円 2銘柄保有
 
今週は1銘柄を約12.000円で利確しました。1銘柄を購入しました。
 
含み損は現物取引なのでロスカットがないので安心感があります。気長な心は投資には必要不可欠です。
 
スポンサーリンク




【今週の振り返り】 長期金利の下落に歯止めがかかり、リスクに対する過度な警戒が和らぐなか、世界的に株式が騰勢を強める展開。
米国株の連日の上昇や円安進行を追い風に日経平均は21500円や7月高値(21823円)を上回り、一時22000円台を回復した。
週前半は銀行株を中心にバリュー株に見直し買いが入り、中旬以降は全体の底上げが進むなかでグロース株にも資金が向かった。
米中交渉進展への期待が高まったほか、ECBの量的緩和再開などポジティブな材料も多く出てきたことから、今週は負けなしで13日まで9日続伸と、強い基調が継続した。
日経平均は週間では788円の上昇となりました。
 
【来週の見通し】 東京市場は月曜が休場で4日立ち会い。
17日~18日のFOMCが大きな注目を集める。市場では0.25%の利下げが実施されるとの見方が強い。
足元では米国株が強含んでおり、大幅利下げがなければ急落するというほど弱い地合いではないと思われる。
ただ、小幅な利下げの場合にはトランプ米大統領が不満を表明する可能性はあり、株高の勢いが減速する展開は想定しておく局面。
また、FOMC後には日銀金融政策決定会合が控えている。
翌月に消費増税を控えるなか、何らかの政策変更もしくは微修正があるとの見方も出てきているが、マイナス金利の深堀りなどの策が出てきた場合には、株式市場にはネガティブな反応が出てくる可能性がある。
 





ハッピー記事

 

❶ 知識欲を、人間の最も基本的な要求ととらえ、

 

世界中の一人ひとりが情報を得る力を持ち、

 

より良い教育を受けてより賢くなれば、

 

それが世界の知力・知性を高めることになる。

 

ひいてはそれが、世界をより良い場所にすることになる。

 
スポンサーリンク



❷ 会社は答えによってではなく、質問によって運営している。

 

ずばりその通りの答えを提示するのではなく、

 

質問をすることによって会話が刺激される。

 

会話からイノベーションが生まれる。

 


ハッピーひとり言

 

感謝な心を大事しよう。

 

 

 
スポンサーリンク